タグ:疑惑 ( 1 ) タグの人気記事

文芸社に対する見解

 当会では文芸社に対して2007年10月1日付けで質問書を送付しましたが回答がなく、 12月10日には催促状を送付しましたがこれに対しても回答がありませんでした。また、2008年3月10日には制作費についての質問書を送付して回答を求めましたが、文芸社からは回答期限が過ぎても問い合わせや回答は一切届いていません。

 作家の佐野眞一氏は、文芸社の代表取締役社長である瓜谷綱延氏に取材の申し込みをして断わられ、質問状を送付して書面による回答を得ています(「だれが『本』を殺すのか(下)」新潮文庫による)。一作家による質問状に回答しながら、被害者組織である当会に回答しないということは、都合が悪い質問に対しては回答できないものと判断されます。

 自社の商行為についての説明を拒否し疑惑の解明をしようとしない文芸社の態度は、疑惑を深めるばかりです。共同出版社の最大手としてきわめて無責任かつ不誠実といえます。

 当会としては、このような出版社に対し、今後も粘り強く疑惑解明と軌道修正を求めていく所存です。

 なお、文芸社と契約を交わした著者で、文芸社に対し不満や被害者意識をもたれている方は、当会に情報提供をしてくださいますようお願い申し上げます。また、入会も歓迎いたします。
[PR]
by nakusukai | 2008-04-29 13:52 | 活動