<   2008年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ここに注意!Q&A 販売編

Q アマチュアの方から原稿を募集している出版社がありますが、素人の書いた本が書店で売れるのでしょうか?

A 一般的には無名の方の書いた原稿をそのまま本にしただけでは、ほとんど売れないといえるでしょう。無名の著者の本はふつう商業出版では採算がとれないということです。それを知りながら流通を売りにし、悪質な商行為を行っている共同出版社・自費出版社があります。安易に販売を勧める出版社は要注意です。
 しかし、だからといってアマチュアの書いた本は必ずしも販売すべきではないとも考えません。アマチュアの方の本でも優れた内容の本は多数ありますし、稀にベストセラーになることもあります。話題性があったりレベルが高い作品であれば、商業出版できる可能性もあります。作品の内容・ジャンルによって得意とする出版社をあたってみるのも一つの方法です。
 また、純粋な自費出版であっても、質の高い編集や効果的な宣伝などによって、そこそこの部数を販売できることもあります。ただし、ごく個人的な内容のものや売れないジャンルなど、書店販売に向かない本もあります。
 アマチュアの方が書店への流通を希望するのであれば、以下の要件を満たすことが大切だと考えます。
1.ある程度以上のレベルであり、読者を意識して書かれていること。
2.質の高い編集や装丁によって、商品となるレベルに高めてもらえる制作サービス会社であること(出版社が費用・リスクを負う出版形態であれば、これは当然のことです)。
3.優れた内容の本であっても必ず売れるというわけではないので、過剰な期待はしないこと。

Q 流通を謳っている制作サービス会社に販売を委託したのですが、書店を見て歩いてもどこにも置いてありません。本当に流通させてくれたのでしょうか。

A 書店流通には大きく分けて二つのルートがあります。ひとつは新刊が出版されたときに取次(本の問屋)が全国の書店に配本する委託配本と呼ばれるものです。商業出版される本の大半は、このような流通方法をとっていて、出版社は発売に合わせて宣伝をします。しかし、素人の書いた自費出版本は、内容・装丁ともに商品として完成されている本でなければ委託配本で扱ってもらうことは困難です。書店側でも、売れそうにないと思った本は、棚にも置かずに返品してしまうことがあります。委託販売を扱っている制作サービス会社や共同出版社もありますが、編集や販売の方針、販売実績などを確認してみてください。
 もうひとつは、書店から注文があると取次を通じて配本するという方法です。この場合は注文がなければ書店には置かれません。書店に注文してもらえるように働きかけをするなど、積極的に宣伝しなければ書店に置かれないので注意しましょう。
 また、インターネット書店での流通のみに対応している出版社もあるようです。
 どのような流通方法をとっているのか、契約前に詳しく説明してもらいましょう。

Q 全国に提携書店があり、一定期間、必ず本が並ぶと説明されました。確実に並ぶのであれば委託販売より優れた方法だと思うのですが。

A 提携書店に出版社専用の棚を有料で借りている場合があり「棚借り」「棚買い」などと呼ばれています。しかし、書店に置かれれば売れるということではありません。売れ残った本を版元(出版社)が買い取っている場合もあり、お金の力で書店に置いているともいえます。また、提携書店に専用の棚を確保している場合、ジャンル別の棚に本が置かれるのではなく、同時期に出版された本がまとめて置かれることになります。目的をもってジャンル別の棚に本を探しにきている読者の目には、ほとんど触れないといえるでしょう。
 なお、共同出版(本の所有権も出版権も出版社にある契約)の場合、提携書店に並べたり買い取るための費用は出版社の負担なのか、著者の負担なのか確認し、納得したうえで契約しましょう。また、売れ残った本を出版社が買い取っている場合、買い取った本がどのように扱われるのか、著者に報告している実売部数から除かれているのか確認してください。

Q 詩集を出版したいのですが、書店では詩集はあまり見かけません。売れるかどうか心配です。

A 詩集や短歌集、句集などは販売の難しいジャンルといえます。内容が優れていても多数を売るのは困難です。また、無名の方の小説や絵本などもそう簡単には売れません。どうしても販売を望むのであれば、販売が難しいことを理解したうえで、売れ残るリスクを考えて部数を決めるべきでしょう。品質にやや難点がありますが、必要な部数だけを制作するオンデマンド出版もひとつの選択肢です(大部数の場合は割高になります)。
 販売の難しいジャンルの本に販売前提の出版形態を強く勧め、大部数を提案する出版社は、ほとんど売れないことを承知のうえで顧客獲得のために販売を謳って勧誘している可能性が高いといえます。

Q 書店に流通してもらう以外に、売る方法はありますか?

A 著者が自分で売るという方法もあります。著者がお願いすることで、居住地の近くの書店やお店に置いてもらえる場合もあります。地域性のある内容の本であれば、全国販売より地元の書店で販売するほうが効果的でしょう。著者自身がホームページやブログなどで宣伝し、自分で発送して売ることもできます。また電子書籍という形態もあります。趣味に関る本であれば、同じ趣味の団体などで紹介してもらえるかもしれません。いずれにしても、黙っていては売れません。地元の新聞で紹介されたり、書評で取り上げてもらうなど、多くの人に知ってもらえなければ簡単には売れないと思ってください。なお、自分で販売するだけならISBNコードを取得する必然性はありません。

*当会では、勧誘された経験談、出版して疑問に思ったこと、失敗談などを募集しています。これから出版を考えている方が悪質商法に惑わされず納得できる出版をするために、ぜひ情報をお寄せください。当会のメールアドレス nakusukai@excite.co.jp
[PR]
by nakusukai | 2008-09-11 13:00 | ここに注意! Q&A

新聞社からの回答への見解

 当会では7月21日付けで、朝日新聞社・毎日新聞社・読売新聞社・産経新聞社・日本経済新聞社・北海道新聞社の6社に「共同出版を行っている出版社の広告掲載についての質問書」を送付しました。全社から回答が届きましたので、当会の見解をお知らせいたします。

 当会は5項目について質問をしましたが、項目ごとに回答した新聞社は一社もなく、一括した回答になっています。このような回答の仕方によって、共同出版の問題点に関する具体的な質問(1.2.4.)はどこの新聞社も無視しています。具体的な見解について意図的に回答を避けていることを大変残念に思います。
 とりわけ毎日新聞社は、文芸社の広告について「悪質な出版商法を行っている出版社の原稿を掲載しているという認識はありません」としています。また「自費出版をしようとしている人と出版社は個々に契約を結びます。広告を掲載する媒体者が介入する余地はありません」と、広告主の商行為によってトラブルが発生していても新聞社には責任がないかのような回答でした。
 すべての新聞社が広告は広告掲載基準に従って審査したうえで掲載しているとしています。北海道新聞社では広告掲載基準をホームページ上で公開していますが、それによると全般規定として「10.詐欺的なもの、またはいわゆる不良商法と見なされるもの」との項目があり、これに該当する広告は掲載することができないとされています。このような基準はおそらく北海道新聞に限らず、一般的なものと考えられます。しかし、一部の共同出版社・自費出版社は事実と異なる説明をして著者を錯誤させたり、不当な費用を請求するなど悪質なことを行っており、当会ではこの基準に抵触すると考えております。
 さらに、北海道新聞社では「広告の掲載権」として「広告の掲載可否の最終決定権は本社が保有し、審査の上、広告の掲載をお断りすることがあります」としています。このことから、基準に抵触する悪質商法などの広告は新聞社の判断で不掲載にでき、悪質商法であることを知りながら広告掲載を続けている場合は、新聞社の責任も問われるものと判断されます。
 大きな新聞で広告している出版社であることから安心して契約し、被害を受けた方も少なくありません。しかし、今回の回答にあたって、当会に被害例などを問合せた新聞社は一社もありませんでした。
 広告掲載をしている新聞社には、十分な情報収集をしたうえで広告掲載基準に照らし合わせ、適切な判断をするよう求めていきたいと考えています。
[PR]
by nakusukai | 2008-09-06 11:00 | 活動

新聞社からの回答を掲載しました

 当会では、7月21日付けで、共同出版を行っている出版社の広告を掲載している全国紙5紙と北海道新聞社に質問書を送付していましたが、8月下旬までにすべての新聞社から回答がありました。

 回答は以下に掲載しています。

新聞社からの回答
[PR]
by nakusukai | 2008-09-02 10:00 | 活動

新聞社からの回答

質問書(2008年7月21日付)を送付した新聞社からの回答です。

*****

朝日新聞社からの回答

                                         2008年8月18日

共同出版・自費出版の被害をなくす会
代表 松田まゆみ様

                                         朝日新聞社広報部

 冠省 弊社社長の秋山耿太郎宛に7月21日付で「共同出版を行っている出版社の広告掲載についての質問書」をいただきました。対外的な窓口である広報部から回答いたします。

 ご質問は1から5に分かれていますが、まとめてお答えします。
 通常、広告掲載にあたっては、関係諸法規に違反するおそれはないか、社会秩序を乱す表現はないか、プライバシーを侵害するおそれはないか、誇大な表現にあたらないかなど、弊社の広告掲載基準に従って審査しています。個別の案件については、原則として第三者にご説明することは致しておりませんので、ご了承ください。今後の広告掲載につきましては、他の広告と同様に、適切に審査いたします。
                                                  草々

*****

毎日新聞社からの回答

                       回答書

 2008年7月21日付でいただきました「共同出版を行っている出版社の広告掲載について質問書」に対しまして、広告業務を統括する立場にあります当職より回答させていただきます。
 毎日新聞社では独自に定めた「広告掲載基準」にしたがって広告を審査し掲載しています。文芸社の広告も同様です。悪質な出版商法を行っている出版社の原稿を掲載しているという認識はありません。
 自費出版をしようとしている人と出版社は個々に契約を結びます。広告を掲載する媒体が介入する余地はありません。
 今後も文芸社以外の広告主から出稿の申込みがあった場合は個々に判断いたします。
 当社の報道姿勢については、添付いたしました紙面(2008年1月14日付ほか)をご参照ください。なお自費出版を巡る問題点については取材を継続してまいります。
 以上をもって回答とさせていただきます。ご理解をいただければ幸いです。

                                         2008年8月20日
                                  毎日新聞東京本社広告局長
                                             西村 修一

*****

読売新聞社からの回答

                                         2008年8月15日

共同出版・自費出版の被害をなくす会
代表 松田まゆみ 様

                                    読売新聞東京本社広報部

 貴会からの7月21日付質問書に対し、一括して下記の通り回答します。

                         記

 本紙への広告掲載申し込みについては、広告掲載基準に従って個別に掲載の可否を判断しています。同基準には「関係諸法規に違反、または違反の恐れがあるもの」「社会的秩序を乱すような反社会的なもの」等は掲載しない旨の規定があり、共同出版の広告についても個別に適正に判断しています。

                                                 以上

*****

産経新聞社からの回答

共同出版・自費出版の被害をなくす会
代表 松田まゆみ様

 お問合せの「共同出版を行っている出版社の広告掲載についての質問書」についての回答は以下のとおりです。

 産経新聞社では、書籍広告に限らず、広告を掲載するに当り、自社の定める広告掲載機銃に沿って掲載しております。
 掲載の可否についての判断内容は、広告主、広告会社以外には開示しておりません。
 ご了承ください。

 以上です。よろしくお願い申し上げます。

                                        平成20年8月15日
                                     産経新聞社総合企画室
                                      広報部長 鶴谷 和章

*****

日本経済新聞社からの回答

共同出版・自費出版の被害をなくす会代表
松田まゆみ様

 拝啓
 日ごろは日本経済新聞をご購読いただき厚くお礼申し上げます。

  さて、早速ですがご質問にお答え致します。当社では、広告を掲載する際には、公序良俗に反しないことなどをうたった当社の広告掲載基準に基づく適切な審査を経て掲載の可否を決定しています。個別の審査内容につきましてはお答えできません。また、掲載基準は法令の改正や社会状況の変化などにあわせて改訂しています。

 以上、ご理解を賜りますようよろしくお願い申し上げます。
敬具

 平成20年8月18日
                              日本経済新聞社 広報グループ長
                                             大塚 敏生

*****

北海道新聞社からの回答

                                           2008.8.22

      共同出版・自費出版の被害をなくす会の質問書へのお答え

                                       北海道新聞社広告局

 北海道新聞社広告局では、「北海道新聞広告掲載基準」を規定し、それに基づき、広告の審査を行っております。広告掲載基準に抵触、法令に違反する広告については、内容の修正をお願いするなどして掲載しております。場合によっては、総合的に判断して、広告の掲載をお断りすることもあります。ご指摘の広告につきましても、同様の手続きを経て掲載しております。
 北海道新聞社広告局では、ホームページにて、「北海道新聞広告掲載基準」を公開し、広く皆様にご覧いただけるようにしております。広告局の広告審査に対する姿勢をご理解いただけるものと考えております。
 回答期日の20日に遅れたご返答になりましたことをお詫びいたします。
[PR]
by nakusukai | 2008-09-02 09:52 | 質問書と回答